トップページ >  美白成分の刺激・副作用や効果 >  安定型ハイドロキノン

安定型ハイドロキノンとはどういう成分?

ハイドロキノンといえば、「お肌の漂白剤」と呼ばれるくらいの美白成分として有名です。でも元々のハイドロキノンは、医師の処方のもとでしか使用できない、強い成分だったのです。ハイドロキノンには、赤みや炎症、白斑といって塗った部分だけ白くなりすぎてしまう、といった副作用が多く報告されました。また、熱や光、空気といった要素に弱く、成分が劣化しやすいという難点も。
そこで、たくさんの研究のもと登場したのが、安定型ハイドロキノンです。従来のハイドロキノンに別の物質を加えることによって、従来のメラニンの生成を抑制するという働きはそのままに、赤みや炎症といった肌への刺激が激減したのです。と同時に、成分が劣化しやすいという問題も克服することができたものが安定型ハイドロキノンなのです。

 

 

安定型ハイドロキノンは副作用や刺激はないの?

従来のハイドロキノンよりも、お肌への刺激が少なく、お肌にやさしい成分となった安定型ハイドロキノン。別の物質を加えることによって、副作用がなく、肌の奥深くへもより浸透するようになり、効果がさらに発揮されやすくなりました。成分の劣化という弱点も克服し、まさに安定した成分となっているのが安定型ハイドロキノンなのです。
ただ、ひとつ注意しなければならないことが。
同じ安定型ハイドロキノンといっても、妊娠・授乳中でも使用できるものと、主治医に確認しなければならないものがあるのです。従来のハイドロキノンと違って副作用はないと言われているものの、妊娠・授乳中には注意が必要なようです。また、配合量もそれぞれ違うので、濃度が高くなれば刺激が出てしまう恐れもありますので確認が必要です。

 

安定型ハイドロキノン配合の美白化粧品
アンプルール美白化粧品 ハイドロキノン配合の中でも唯一、妊娠・授乳中OKな美白コスメ。ハイドロキノン濃度2.5%


ドクターシーラボHC-119 肌に優しい成分で保湿性にも優れているドクターシーラボ。ただ、人によって使用感は様々で、市販のハイドロキノンの中でも濃度が高めなので肌に合わないという人も多い。ハイドロキノン濃度3%&5%あり。