アルブチンの美白効果とは?

美白コスメのほとんどに配合されている成分「アルブチン」。アルブチンは、その漂白作用で有名なハイドロキノンの糖誘導体です。ハイドロキノンは、できてしまったシミのもとであるメラニンを除去するのに対し、アルブチンはメラニンを生成するチロシナーゼという酵素のはたらきを抑制する効果によって美白してくれるのです。つまり予防美白
また、ハイドロキノンといえばその副作用がよくあげられますが、アルブチンは肌にやさしく、安定した成分であるといわれています。ハイドロキノンほどの速攻性はないものの、チロシナーゼに対する作用の強さや安全性から、シミ予防という意味での美白に効果があるとされています。

 

 

αアルブチンとβアルブチンってどう違う?

アルブチンには、αアルブチンとβアルブチンの2種類があります。
αアルブチンは、ハイドロキノンにブドウ糖をα結合で転移させた物質。また、βアルブチンはウワウルシやナシといったツツジ科のハーブに含まれるフェノール配糖体のことです。昔からβアルブチンの美白効果は有名で、コスメにも配合されてきましたが、最近になってαアルブチンには、βアルブチンの10数倍もの美白効果があることがわかってきました。
αアルブチンにはハイドロキノンほどの速攻性はないものの、肌への負担は少なく、安定した成分となっています。αアルブチンは、ハイドロキノンと同等ほどの効果があるにもかかわらず、副作用はほとんどないといわれています。ただαアルブチンはいまだ高価なため、一般的に「アルブチン配合」とされているのは、βアルブチンをさすことが多いようです。