トップページ >  > トレチノインとハイドロキノンはシミにはどっちが有効?

トレチノインとハイドロキノンはシミにはどっちが有効?

シミに効果的ということで、注目されている2つの成分
「トレチノイン」と「ハイドロキノン」ですが、シミにはどっちが有効なのでしょうか?

結論からいうと、どちらも効果はあります。
2つを合わせて使用することで、より一層高い効果を得ることができます。

まず、それぞれの成分についてご説明いたします。
トレチノインは、肌のターンオーバーを早まらせるという働きがあります。
トレチノインを肌に塗ると、細胞がどんどんと生まれ変わり、ターンオーバーのスピード
が早くなります。細胞がどんどんと分裂して生まれ変わっていく中で、シミの原因である
メラニン色素を外に押し出すと働きをします。
さらに、コラーゲンの生成を高める力があるので、シワや肌のハリにも効果的なのです。

ハイドロキノンは、肌の漂白剤といわれており、シミの原因であるメラニンを作る酵素の
チロシナーゼの働きを抑制する力を持っています。それに加えて、メラニンを作っている細胞のメラノサイトの数を減少させることもできるのです。
ハイドロキノンを肌に塗ると、できてしまったシミを薄くすることができるとともに、
新たにシミができないように予防する働きも持っているのです。

なぜ2つを合わせて使用すると、効果が高くなるのかというと、ハイドロキノンは、
肌に浸透しにくいという性質を持っています。
そこで、トレチノインを塗ってターンオーバーが促進され、肌が活発に生まれ変わって
いるところにハイドロキノンを塗ると、外に押し出されてきたメラニン色素に効果的に
働くということになるのです。

2つの力を合体すると、シミに効果的な最強の薬になるのです。

ただ、どちらも成分がとても強い薬です。
高濃度の輸入品がネットで販売されていることもありますが、おすすめできません。
高濃度ということは、肌に対する副作用もとても強くなります。
大切な肌がボロボロになってしまう可能性があります。
医師の指導のもとで正しく使用することが大切です。