トップページ > ハイドロキノン > ハイドロキノンの副作用や刺激は?妊娠、授乳中は使わないほうがいい?

ハイドロキノンの副作用や刺激は?妊娠、授乳中は使わないほうがいい?

ハイドロキノンの副作用として有名なのが、赤み、炎症、かぶれといったものです。また、塗った部分だけが白くなりすぎる白斑という症状も報告されています。高濃度のハイドロキノンを長期間使用している場合、きちんとUVケアをしないと逆に色素沈着をおこすという例もあります。
ハイドロキノンは熱や光などに弱く、成分の劣化が早いことでも有名なので、保管方法や使用期限にも注意が必要です。
あまり話題になることはないようですが、ハイドロキノンには少量の毒性があることにも要注意です。その毒性が皮膚を通って吸収されてしまうので、胎児や乳児のためにも妊娠・授乳中にはハイドロキノンを使用しない方がいいようです。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品
アンプルール美白化粧品 ハイドロキノン配合の中でも唯一、妊娠・授乳中OKな美白コスメ


ビーグレン美白セット 肌への刺激を4分の1にまで抑えることが可能な最先端技術採用。敏感肌に嬉しい低濃度1.9%のハイドロキノン配合


ドクターシーラボHC-119 肌に優しい成分で保湿性にも優れているドクターシーラボ。ただ、人によって使用感は様々で、市販のハイドロキノンの中でも濃度が高めなので肌に合わないという人も多い。