トレチノインとはどんな効果があるの?

トレチノインはビタミンA誘導体の一つで、日本では未認可医薬品です。美白効果・老化防止効果があり、メラニン色素を排除して古い角質や汚れを排除します。そのため、シミを薄くしたり、肌再生に導く美肌効果を発揮すると言われています。つまりピーリング作用の強い成分なのです。
副作用として使用後2~3日で、皮膚のただれや赤み・ヒリヒリし剥がれることがあります。また、刺激があるので、妊娠中の人・敏感肌の人には不向きです。肌再生力が高い分、効果が発揮し過ぎてシミを増やす原因となることもあります。
そして、トレチノインを使用しても何の変化も見られない場合も、効果には期待できないということです。
トレチノインを使用する際は、必ず日焼け対策がをしなければ、トレチノインの効力も保湿力も低下してしまいます。トレチノインは皮膚への刺激が強すぎたり正しい使用方法でないと、逆効果になることもあり皮膚科での処方がお勧めです。

 

 

トレチノインとハイドロキノン。肌に優しく使えるのはどっち?

トレチノインは、老化した肌再生の促進や皮脂の分泌を抑え、シミやダメージを受けたお肌の肌改善に効果を発揮します。しかし、皮剥け(ピーリング作用)によって、古い皮膚を剥がして肌再生やシミを薄くするといった作用のため、肌に刺激があります。使用後数日に皮膚のただれ・赤くヒリヒリしてしまうことがあります。
自分の肌質に合わせ濃度を変える事もでき、いち早く新しく肌再生ができるよう導いてくれますが、医師による処方が必要です。また、敏感肌・妊婦には使用できず、肌再生の働きが強く効果が出過ぎてしまうこともあることから、シミが増えるという結果にもなりかねません。

ハイドロキノンは、美白成分のなかでも最強の成分で、他の美白成分に比べ即効性があり高い美白効果を発揮します。トレチノインと違って、皮剥けをおこしながらシミを除去していくのではなく、還元・漂白作用によって、シミの色を薄くしていく力があります。
しかし、4%以上の高濃度になれば肌への刺激や負担もかかり、白斑・かぶれ・赤身・ヒリヒリ感・アレルギーなどの副作用を起こします。また、妊娠中や授乳中の人には使用できません。
ただ、3%以下のハイドロキノンを使用することで、刺激や副作用がでにくいことから、低濃度のハイドロキノンの場合は高濃度よりも安全だと言えます。
さらに、同じハイドロキノンでも安定型ハイドロキノンなら刺激や副作用を抑え込むことができるので肌には安心です。ただ、妊婦や授乳中の方が使える安定型ハイドロキノンにも、化粧品メーカーによって違うので注意してください。
トレチノインとハイドロキノンならどっち??

トレチノインとハイドロキノンの美白成分なら、肌に優しいのはハイドロキノン。ハイドロキノンの中でも安定型ハイドロキノンがより安全性の高い成分です。